いつまでも美しくありたい方にも青汁を

青汁を摂取したいという方の「きっかけ」はさまざまかと思います。また「目的」においてもさまざまでしょう。女性の方などは特に、美肌や美容ということを目的に青汁生活をスタートさせるという方も多いようです。今回は、青汁のもたらす「美肌効果」という部分について見ていきたいと思います。
どのような効果が期待できるのでしょうか。

美肌を目指したいという方へ

先にも触れたように比率としては女性が多いものの、近年では男性であっても美肌を気にかけているという方も増えているでしょう。清潔感などにもつながりますので、とてもよい意識ということもできるでしょう。美肌を意識するという際、青汁には肌荒れ改善に必要なベータカロテンや、抗酸化作用が高く若々しい肌をキープしやすいビタミンCやEを同時に摂取することが可能なのです。アンチエイジングを目指したいという方においても最適な成分が青汁には含まれているのです。

ビタミンCとEの効果について

青汁は一度にビタミンCとEを摂取することが可能なのですが、これが美肌に良いとされている理由の1つでもあるのです。同時に摂取することによって、それぞれのビタミンが助け合い、シミ・肌荒れ・美肌・粘膜強化なども期待できるのです。若々しく弾力性の肌を保ちたいという方においても良いアプローチなのです。

美しい肌を目指して

基礎化粧品などにおいては、加齢に対して・美白に対してまたは年齢層にあわせてなどというアプローチが多いことと思います。しかし、青汁であればそれらすべてをかなえることもしやすいのです。体内からのアプローチですから健康的に美しくなれるというわけです。もちろん、医薬品ではありませんので即効性というものはありませんが毎日の生活の中に取り入れていただくことで、着実にその効果を実感していただけることと思います。

隠れたシミも抑制できる

シミにも表面に出る前の状態、いわゆるインタースキンに潜んでいることがあるのです。こうした「シミの卵」とも言うべきものを体内からのアプローチですとしっかりと抑制していただけるかとも思います。

青汁が与える美肌効果

青汁は、美肌という部分ばかりではなく健康にも非常に効果的です。内臓が美しい・健康な状態だということが美肌にもつながってきますので、トータル的な美しさを手に入れる環境が作れるともいえるかもしれません。今では、多くの製品スタイルがありますので自らの環境にあったものをチョイスしましょう。

500年の歴史?驚きの青汁原材料「明日菜」

青汁の原材料として使われる野菜の一つに明日菜というものがあります。あまりポピュラーな野菜ではありませんが、健康維持に用いられる青汁の原材料の一つとなるくらいですから、体に良い野菜と言えます。

そんな明日菜とは一体どんな野菜なのでしょうか?

明日菜とは?

まず読み方ですが、「アスナ」ではなく「アシタバ」です。別名として八丈草(ハチジョウソウ)、明日草(アシタグサ)、明日穂(アシタボ)などがあり、春の季語となっています。これは夕方に摘んでも明日には生えてくるという生命力の強さが由来です。セリ科シシウド属の植物で、日本原産です。房総半島、紀伊半島、伊豆半島などで自生しています。料理に使うことがほとんどないため知名度が低いものとなっています。

むしろ春の季語なので俳句を嗜む人などには知られているかもしれませんね。青汁の原材料に選ばれていなかったら知る人がほとんどいないものになっていたかもしれませんね。とは言え、伊豆大島では明日菜を椿油で揚げた天ぷらが名物料理になるなど、料理にも使われないことはありません。

特有の成分「カルコン」とは?

他の青汁原材料と同じく、明日菜にはビタミンB類、食物繊維、カルシウムなどが含有されています。一部はケールよりも勝っていたりします。さて、他の原材料にはない明日菜特有の成分としてカルコンがあります。これまた聞きなれない名前ですが、ポリフェノールの一種でデトックス効果があります。

身体のさびを落としてくれるので、さびによって引き起こされるガン予防にも役立つ優れものです。また肌にできる凸凹であるセルライトの予防、解消にも効果を発揮します。一度セルライトになると中々消えないため、がん予防などよりはセルライトの予防、解消として利用する人が多いのが特徴です。

実は古くからその効能が知られる

あまり知名度がないと先述しましたが、明日菜は中国の明代に編纂された薬草辞典である「本草綱目」に載っています。「本草綱目」の完成が1578年ですから、少なく見積もっても500年ほど前から知られていたことになります。日本でも江戸時代の中頃に貝原益軒の「大和本草」で紹介されています。

まずは明日菜の青汁を試してみよう

特有の成分だけでなく、実は500年も前から知られていたなど、驚き要素満載の明日菜。蘊蓄はともかく、様々な効能があるのは間違いありません。たくさんのステラの贅沢青汁 成分が出ていますが、まずは明日菜の青汁を試してみてはいかがでしょうか。